「フェンディ」古典的なカウボーイブーツを現代風に再解釈
×(c)FENDI

【9月3日MODE PRESS WATCH】「フェンディ(FENDI)」が、新作カウボーイブーツ「カットウォーク(CUTWALK)」を発売した。全国のフェンディ直営店と公式オンラインストアで展開中。

古典的なカウボーイブーツを現代風に再解釈した「カットウォーク」は、靴底が大きいため履きやすく、ポインテッド トゥで上品な雰囲気も加えられている。2色のウッド素材が絶妙に組み合わさり、名前の由来となったカットアウト(=切り抜き)が施されたヒールも特徴。

ヒール高は、10cmと6cmの2種類。ブーティ、ニーハイ、サイハイの3タイプのレングスと、ベビーピンク、イエロー、ブルーのパステルカラーや“FFロゴ”のモノグラムパターンで展開する。主張もありながらあらゆるシルエットに溶け込むブーツで、現代のパワフルなウエスタンルックを完成させて。

from http://www.afpbb.com/articles/modepress/3187893

アディダス オリジナルス(adidas Originals)のスニーカー「サンバ(SAMBA)」からエディフィス(EDIFICE)、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、エミ(emmi)の共同開発モデルが登場。2018年4月6日(金)より一部店舗にて先行発売、その後、2018年4月23日(月)より一般発売が開始される。

サンバ エディフィス

サンバ エディフィス 15,000円+税
サンバ エディフィス 

エディフィスとのコラボレーションモデルでは、アッパーに高級感のあるクリームホワイトカラーのヌバックレザーを採用。ライトブラウンのライニングとガムソールが統一感と共に程よいカジュアル感を演出する一足だ。

サンバ UA

サンバ UA 15,000円+税
サンバ UA 

アッパーにはカンガルーレザー、トゥキャップとストライプにはスエードを使用したユナイテッドアローズモデル。素材の上品さと、ジャーマントレーナーを思わせる好配色は様々なコーディネートにマッチする。

サンバ W EMMI

サンバ W EMMI 14,000円+税
サンバ W EMMI 

「サンバ W EMMI」発売される3タイプの中で唯一のウィメンズモデル。ヌードベージュでまとめられたアッパーに、メタリックピンクゴールドのカラーがフェミニンさを演出。ヒール上部に挿されたホワイトもポイントだ。

転載サイト:https://www.fashion-press.net/news/38769

トッズ コピーが日本のデザインスタジオnendo(ネンド)とコラボレーションし、メンズデッキシューズ「トッズ エンベロープ・ボートシューズ」を発売する。表参道ブティック限定で、2014年5月上旬に発売予定。

Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれた、デザイナー兼建築家の佐藤オオキが率いる、気鋭のデザインスタジオnendo。このコラボシューズは、トッズ コピー 通販の人気デッキシューズに、彼らが新たな解釈を加え、モダンクラシックをテーマにデザイン。エンベロープ(封筒)という名のごとく、封筒の留め具のようなディテールがポイントとなった、ミニマルかつカジュアルな一足に仕上げられた。

またデッキシューズ特有の、滑りにくいサイドソール、ソフトスエード、耐水レザーなども採用され、機能性抜群。カラーバリエーションも、ブルー、グレー、ブラウン、ブラック、グリーンと豊富だ。

1年を要したというこのプロジェクト。完成したトッズ 靴 コピーは、佐藤曰く「カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎない靴。軽く、ソフトでリラックスでき、機能的かつユーモアとエレガンスがちょっぴり感じられるような靴」なのだそう。

この日本屈指のデザインとイタリアの伝統的な技が合わさったシューズは、4月に開催されたミラノ サローネ国際家具見本市で一足先に発表された。日本だけにとどまらず、ミラノ、ローマ、パリ、ロンドン、ニューヨーク、マイアミ、香港、上海と世界中で展開される予定だ。

カルミナは コピー(CARMINA)スペインの高級既製靴ブランド。1998年、ホセ・アルバラデホ(Jose Albaladejo)が、より高いレベルで靴の生産を追求するためにブランド「カルミナ」を設立。

ホセ・アルバラデホの家系は、スペインのマヨルカにて、19世紀から同族企業として靴の製造を続けるメーカーだった。20世紀中ごろまで「Sanson’s」というブランドを運営していた。その中でもホセは、1961年、高級靴ブランド、ヤンコ(YANKO)を創立。80年代には100万足の靴を生産、一族の靴製造のビジネスを飛躍的に成長させている。スペインのカルミナは 靴コピーのレベルを飛躍的に高めたと言われている。

90年代に入り、よりクオリティの高いシューズを作りたいと考えたホセ・アルバラデホだったが、YANKOの中でブランドとしての方向性において意見が食い違い、結局、60歳にしてから離れ、再度、新しいブランドを立ち上げることを決意する。

カルミナ コピー 激安はすぐにそのクオリティの高さが認められ、多くの顧客に指示される。創業から数年で、パリ、マドリッドなど7つのショップを展開するまでに成長した。セレクトショップも含めれば、日本やアメリカでも販売されるようになる。

カルミナ 靴 コピーの特徴としてデザインは割とイギリスの靴に近く、グッドイヤーウェルト製法を採用(正確にはグッドイヤーよりもハンドソーンウェルト製法に近い模様)しているが、イギリスの靴メーカーより手作業を重視していると言われている。

FROM:https://www.fashion-press.net/brands/691

トッズ コピーが日本のデザインスタジオ「ネンド(nendo)」とコラボレーションし、「トッズ エンベロープ・ボートシューズ」を発売する。

デザインを手がけたネンド コピーのチーフデザイナー、佐藤オオキ(Oki Sato)氏が目指したのは、「カジュアル過ぎず、フォーマル過ぎないトッズ 靴 コピー。軽く、ソフトでリラックスでき、機能的かつユーモアとエレガンスがちょっぴり感じられる靴」。

トッズ スーパーコピーの伝統的なデザインを踏襲しながら、2種類の素材の組み合わせや、エンベロープ(=封筒)を思わせるシルバースタッドの金具を取り入れることで、よりエレガントでシックなアイテムに仕上げた。また、通気性に優れたメッシュのインナーや耐水レザーなどを使用し、履く人が心地よく感じられるよう機能性にもこだわっている。

佐藤氏は、「エンベロープが大切な手紙を守り、遠方にいる人々に幸せを届けるように、我々もこのシューズが遠くへ旅するお客様の足元を守り、幸せを招くお手伝いができることを願っております」とコメント。「トッズ」が持つ最高級の職人技と、デザインの分野で多数の受賞歴を持つ「ネンド」とのコラボによって生まれたこの特別なシューズは、5月上旬に表参道ブティックで発売予定となっている。

米ラップ歌手のカニエ・ウエスト(Kanye West)が、アディダス コピーとのコラボした「イージーブースト(YeezyBoost)」コレクションの第2弾を、ニューヨーク(New York)ファッションウィークで発表するとみられている。

アディダス 偽物は第1弾を今年2月に発表。16日のイベントで、新作を発表する予定だという。ある情報筋は、「前季のフォローアップになる」としている。

同コレクションを発表した2月のショーには、ヴォーグ(Vogue)誌のアナ・ウィンター(Anna Wintour)編集長やビヨンセ(Beyonce)、ジェイ・Z(Jay Z)らに加え、カニエの妻キム・カーダシアン(Kim Kardashian)と2歳の娘のノース(North West)ちゃんの姿もあった。オーバーサイズの迷彩柄ジャケットやヌーディカラーのボディスーツに加え、アディダス スニーカー コピーやニーハイブーツといった靴からなるカニエのデビューコレクションについては、賛否両論が寄せられていた。

10日に開幕したニューヨークファッションウィークは、17日まで続くことになっている。

FROM:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3060410

シューズブランド「ジュゼッペ・ザノッティ・デザイン(Giuseppe Zanotti Design)」は、韓国出身のポップスター「G-Dragon(ジー ドラゴン)」とのコラボレーションザノッティ 靴 コピーを発表した。伊勢丹新宿店での10月14日先行発売を皮切りに、10月21日から全国直営店限定で販売する。

デザインはレースアップとスリッポンの2型で、それぞれブラックとマルチカラーラメの2色で展開。どちらにもキラキラと輝くグリッターカーフを使用しており、ジュゼッペ ザノッティ コピーのタイムレスなデザインとG-Dragonのエッジーな雰囲気が融合したエクスクルーシブなアイテムになっている。

伊勢丹新宿店では発売を記念して、伊勢丹新宿 2F 婦人靴 プロモーションスペースで期間限定ジュゼッペ ザノッティ 偽物のポップアップストアを開催。同シューズの先行発売のほか、本館2Fの特設会場では特別にメンズサイズも販売する。

ラグジュアリーシューズ・アクセサリーブランドバリー コピーは3月31日、東京・銀座に新たなフラッグシップストア「バリー銀座店」をオープンする。

話題の新商業施設「東急プラザ銀座」の1階2階に位置する同店は、広さ約800㎡と世界最大の面積を誇り、アジアで最も重要なフラッグシップの役割を果たす。設計はロンドンのニューボンドストリート店と同じく、デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ(DCA)が手がけた。

1階にはメンズ、ウィメンズのバリー 靴 コピー、バッグ、ウェアがフルラインで揃うほか、シューズのメイド・トゥ・オーダーやシューシャインサービス[靴磨き]を常設。2階はVIPルームを予定している。

バリー 偽物の哲学である“時代を超越したモダニティ”が具現化された同店は、アジアの新たな発信地として今後注目したい。

スイス発ラグジュアリーシューズ・アクセサリーブランドのバリー コピー は、2016年春夏ウィメンズコレクションのポップアップストアを東京・福岡の2都市でオープンする。

伊勢丹新宿店(1月20日~)、岩田屋本店(2月24日~)からなる両ポップアップは、ミラノの伝統あるエキゾチックレザー工房「アトリエ ザリアーニ」のムードに、注目若手アーティストであるプシェメク・ソブツキ(Przemek Sobocki)氏のアートを融合。アートディレクションの分野で数々のブランドやモード誌にて活躍する彼のイラストレーションやセットデザインなどを堪能することができる。バリー 偽物のクチュール感に現代的なセンスが交じり合う、魅力的な空間を演出してくれた。

会場では、シンプルでモダンなデザインのアイコンバッグ「ソメ(SOMMET)」の新作や、春夏らしいカラーリングのバリー 靴 コピーなど、2016年春夏ウィメンズコレクションが一堂にラインナップ。この機会にぜひ足を運んでみて。

ナイキ コピーは6月2日、バルマン(BALMAIN)を手掛けるオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)とコラボレーションした「ナイキラボ × オリヴィエ・ルスタン フットボール ヌーボー コレクション」を発売する。

“Summer of Sport(=スポーツの夏)”の第2弾となる本取り組み。「ファッションの世界では、キャットウォークや華やかさが中心ですが、ナイキ 偽物とのコラボレーションでは、機能性とアスリートが中心になります」とオリヴィエがコメントするように、フットボールのアイコン的スタイルを用いて、ピッチ外でプレイヤーが求める機能的なニーズを満たした、メンズとウィメンズのスタイルを提案している。

クラシックなサッカーウェア「N98 ジャケット」をモダンなオフピッチスタイルに一新させた「N98 ジャケット × OR」は、王者を象徴するゴールドをアクセントにあしらった贅沢な仕上がり。またフットボールシューズ4モデルをインスピレーションとしたナイキ スニーカー コピーには、靴下のような履き心地を叶えるフライニット アッパーを組み合わせ、全く新しい表情を演出する「マジスタ」や「マーキュリアル」などがラインナップした。