ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)とリック・オウエンス(Rick Owens)のコラボレーションシューズ第2弾が、2019年春夏コレクションで登場。2019年1月よりRick Owens 青山店、一部のセレクトショップ、ビルケンシュトックの公式オンラインショップにて販売予定だ。

 

「ビルケンシュトック・ボックス」にてローンチを行った第1弾のコラボレーションに続き、2回目のコレクションとなる今回。2019年の春夏メンズコレクションおよび、2019年春夏ウィメンズコレクションにて新作が発表された。なお、ウィメンズにおいては全41体すべてに同シューズが採用されており、ビルケンシュトックがウィメンズのアイテムをパリのファッションウィーク期間中に発表したのは今回初のことだ。

ベースには、「Rotterdam」のベルクロサンダルと「Rotterhiker」のブーツを採用。「Rotterhiker」は、ブラックのオイルドヌバックレザーを配したベロア素材のアッパーと、半透明のラバーソール「BIRKENSTOCK フットベッド」で構築。簡単に着脱できるようバックルが付いたアッパーストラップをあしらった。

一方で、「Rotterdam」には、同じくメタルバックル付きのアッパーストラップをあしらい、色を変えたロゴストラップも配置。ソールはEVA素材のソールを採用することで、通常モデルのコルクソールとは異なりインダストリアルなムードを醸し出した。

from https://www.fashion-press.net/news/40925