2015年春夏シーズンに、エスケープ(脱出)とスポーツという独自のテーマにフォーカスしつつ、サーフ系サブカルチャーにインスパイアされた大胆な方向性を打ち出した、山本耀司がクリエイティブ・ディレクターを務めるアディダスのブランド「Y-3」。そのY-3 2015年春夏コレクションから第2弾のアイテムが2015年3月20日(金)に発売される。

 

メンズからは人気シューズ「カーサ(QASA)」のアウトソールからインスピレーションを受けたヒールストラップサンダル、ウィメンズからは人気インヒールシューズ「ニッケ(NICKE)」のメッシュ素材を多用したモデルなど、夏を意識したアイテムを展開。

山本耀司は今シーズンのY-3のために、弾けるようなブライトカラーや遊び心あふれるプリントで装飾した、スリムフィットの“未来的なスポーツファッションウエア”というビジョンを描いた。それら全てを仕上げる要素として、サーフに着想したユニークなディテールと、伝統的なハワイアンプリントをY-3らしい解釈で表現した瑞々しくモダンで魅力的なプリントを採用している。

from https://www.fashion-press.net/news/15980