プラダコピーのシューズ専門店は、第3期シューズワークショップを開催する。シューズコピーブランドとしてスタートしたプラダ偽物の真髄に深く触れることのできる同ワークショップでは、オリジナル靴をデザイン画から制作。デザイナーの三原康裕(Yasuhiro Mihara)と、長年ブランドのクリエーションを支える靴職人が、手取り足取りサポートしてくれるのが魅力だ。

参加者は、まずデザインを考え木型を選ぶことからスタート。サンプル制作、革裁断、着色、最終仕上げまで全工程を手がけ、完全オリジナルで唯一無二のプラダ コピーシューズを手に入れることができる。第3期は8月1日~10月30日の約3ヶ月間、毎週水曜に開催予定。

 

2部制で定員各5名となっている。ハイクオリティなプラダシューズコピーで定評のあるブランドでの一生ものの靴を作る貴重な体験となっているので、気になる人はぜひ参加応募して。