アディダス新作ランニングシューズ「アルファエッジ 4D」プラスチック廃棄物を使ったエコなモデルも

アディダス(adidas)は、ランニングシューズ「アルファエッジ 4D(ALPHAEDGE 4D)」の新作を2019年5月31日(金)に発売する。


アディダス アルファエッジ 4D 38,000円+税

「アルファエッジ 4D」は、アスリートの走行データ分析に基づき、UV硬化ポリウレタン混合樹脂を光と酸素で固めたミッドソール「アディダス 4D(ADIDAS 4D)」を搭載したランニングシューズ。「アディダス 4D」の入り組んだグリッド構造によって、バネのような推進力を発揮し、着地の衝撃を分散させる。さらに、ピンと張った高さのあるグリッドが、足をシューズの中央に固定し、横方向への動きを正確にサポートしてくれるのも特徴だ。

アッパーには、軽量な「フォージファイバー」を用いたプライムニットを採用し、まるで継ぎ目のないソックスのようにしっかりと足を包み込んでサポートする。アウトソールには、耐久性の高いコンチネンタルラバーを使うことで、路面コンディションや天候に関わらず、安定した摩擦力を実現する。

また、プラスチック廃棄物をアップサイクルしたアッパーの新作シューズ「アルファエッジ 4D×パーレイ(ALPHAEDGE 4D x Parley)を6月8日(土)に発売する。海の美しさ・脆弱性について意識を高める目的で設立された「パーレイ(PARLEY)」とコラボレーションした「アルファエッジ フォーディー×パーレイ」は、海岸や海沿いの地域で、海に流入する前に回収されたプラスチック廃棄物をアップサイクルしたエコな素材で仕立てたシューズだ。

from https://www.fashion-press.net/news/50054

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です