パラブーツ(Paraboot)とインターナショナルギャラリー ビームス(International Gallery BEAMS)のコラボレーションによるメンズサンダルが登場。2018年4月中旬より発売される。

パラブーツは、エレガントなデザインとソールから自社生産する技術力の高さで、世界的に支持されるシューズブランドだ。今回は、パラブーツのグルカサンダル「パシフィック(PACIFIC)」をインターナショナルギャラリー ビームスが別注した。

足全体を包み込むデザインや、クッション性と屈曲性に優れたオリジナルラバーソールはそのままに、アッパーの素材をガラス仕上げの牛革にシフトした。足の甲を覆う艶やかなビジュアルが、洗練された軽やかな足元を演出する。

from https://www.fashion-press.net/news/39068

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)とリック・オウエンス(Rick Owens)のコラボレーションシューズ第2弾が、2019年春夏コレクションで登場。2019年1月よりRick Owens 青山店、一部のセレクトショップ、ビルケンシュトックの公式オンラインショップにて販売予定だ。

 

「ビルケンシュトック・ボックス」にてローンチを行った第1弾のコラボレーションに続き、2回目のコレクションとなる今回。2019年の春夏メンズコレクションおよび、2019年春夏ウィメンズコレクションにて新作が発表された。なお、ウィメンズにおいては全41体すべてに同シューズが採用されており、ビルケンシュトックがウィメンズのアイテムをパリのファッションウィーク期間中に発表したのは今回初のことだ。

ベースには、「Rotterdam」のベルクロサンダルと「Rotterhiker」のブーツを採用。「Rotterhiker」は、ブラックのオイルドヌバックレザーを配したベロア素材のアッパーと、半透明のラバーソール「BIRKENSTOCK フットベッド」で構築。簡単に着脱できるようバックルが付いたアッパーストラップをあしらった。

一方で、「Rotterdam」には、同じくメタルバックル付きのアッパーストラップをあしらい、色を変えたロゴストラップも配置。ソールはEVA素材のソールを採用することで、通常モデルのコルクソールとは異なりインダストリアルなムードを醸し出した。

from https://www.fashion-press.net/news/40925

ニューバランス(New Balance)から、RHC ロンハーマン(RHC Ron Herman)限定スニーカーが2018年10月27日(土)より登場する。取り扱いは、RHC ロンハーマンおよびロンハーマン「R」全店。

限定スニーカーは、USA製復刻モデル「998」をベースに、程よい起毛感のある上質なピッグスキンスエードをメイン素材に使用し、アクセントとしてタンとヒールにはハラコを挿入。2種類の異なる素材の存在感が際立つオールブラックのカラーでまとめた1足は、街歩きにぴったりのシックなデザインだ。

1993年に990シリーズの5代目としてデビューした「998」は、ニューバランスのスニーカーで初めて「ABZORB」を搭載し、優れた衝撃吸収性能を実現した傑作だ。スタイリッシュなデザインと、抜群なはき心地を兼ね揃えるスニーカーを是非試してみては。

from https://www.fashion-press.net/news/43876

ニューバランス(New Balance)から、映画『ブラックパンサー』をイメージしたスニーカー「574S」が登場。2018年3月1日(木)より、ニューバランス原宿店とニューバランス公式オンラインストアにて限定発売される。


MS574 BKP 15,400円+税

2018年3月1日(木)公開のマーベル最新作『ブラックパンサー』は、超文明国家ワカンダの国王と、ミステリアスな漆黒のヒーロー、2つの顔を持つ「ブラックパンサー」が繰り広げるハイスピード・アクション・エンターテイメント。映画の公開日と同日にリリースされるのは、主人公「ブラックパンサー」をイメージした、ニューバランスの新作「574S」だ。「574S」は、「574」をアップデートしたスニーカーで、ミッドソールにクッション性と軽量性を兼ね備えた“フレッシュフォーム”を搭載している。

レザーとニットを使った重厚なブラックのアッパーに、アクセントとしてメタリックシルバーを配した見た目は、まさに「ブラックパンサー」そのもの。インソールには、ワカンダの伝統的な部族のマーク、レースキーパーには、マーベルのロゴが入るなど、特別な一足に仕上がっている。

from https://www.fashion-press.net/news/37824

アディダス オリジナルス(adidas Originals)から、スニーカー「サンバ(SAMBA)」が復刻。2018年6月1日(金)に発売される。

インドア用のサッカーシューズとして1950年代にリリースされて以降、スポーツとカルチャーの両面サイドで長く愛されてきた「サンバ」。今回は、当時のオリジナルデザインを再現した復刻モデルとして現代に蘇る。


「サンバ(SAMBA)」12,000円+税

クラシックなスリーストライプスとヒールタブのコントラストで彩ったレザーのアッパーには、プレミアムなスエードのTトゥをオン。ゴールドカラーで刻印した側面の「サンバ」の文字、シュータン部分にあしらわれたウーブン加工のブランドロゴ、半透明のガムソールなど、当時のデザインをベースにモダンなアップデートが施されている。


「サンバ ローズ W(SAMBA ROSE W)」12,000円+税

ウィメンズ向けの「サンバ ローズ W(SAMBA ROSE W)」も同時リリース。こちらは、伝統的な素材に替えて採用された柔らかなレザー、デコラティブなジグサグステッチをプラスしたTトゥパネルなど、より女性らしい要素をプラスしたデザインとなっている。

from https://www.fashion-press.net/news/40196

ランダ(RANDA)とファッションディレクター・三浦大地(Daichi Miura)のコラボレートしたサンダルが登場。2018年5月11日(金)より発売される。

自身のオートクチュールブランド「Dosqa Tokyo」のほか、小嶋陽菜や浜崎あゆみなどアーティストの衣装や、CM・ステージ衣装等幅広い分野で多才な能力を発揮する三浦大地。今回2018年で15周年を迎えるランダとのコラボレーションでは、「ハート サンダル(Heart sandals)」と「ジョシー サンダル(Josie sandals)」の2型を展開する。


「ハート サンダル」 10,900円+税

「ハート サンダル」は、真っ赤なハートのモチーフをたっぷりと飾ったラブリーなウェッジサンダル。ハート模様を描いたインソールに加え、ストラップにも刺繍で立体的に表現したハートを連ねた。またサンダルには、どの角度からみても、足をすっきりとしたシルエットにみせてくれる10㎝のヒールを採用。存在感のあるデザインは、カジュアルなジーンズに合わせても好相性だ。


「ジョシー サンダル」 8,900円+税

「ジョシー サンダル」は、三浦大地の描く、ショッピングの大好きな女の子”ジョシー”を主役にしたフラットサンダル。イラストのランダムなイメージをそのままに、ゆらゆらと揺れるイヤリングや、別生地で縫い合わせたサングラスやリップのモチーフなど、細部にはキュートな拘りをたっぷりと詰め込んだ。インソールには、クッションライニングを使用しているため、履き心地の良さも抜群だ。

from https://www.fashion-press.net/news/39650

カジュアルライフスタイル フットウェア ブランドのクロックス(crocs)が、2015年3月5日(木)に発売するタウンスニーカーの最新モデル「ノーリン」と話題の無人飛行機「ドローン」による世界初の「空中ストア」を東京ミッドタウンに期間限定オープン。期間は2015年3月5日(木)から8日(日)まで。

 

コンセプトは“おどろきを持った軽さの体験”。空中ストア内に設置されたiPadから気になるシューズの色を選択すると、自動制御されたオリジナル開発のドローンが“空飛ぶ靴屋”さながらに、巨大空中ディスプレイの中から指定された色のシューズを掴み、手元まで届ける。


新作シューズ「ノーリン」

もちろん会場内には試着スペースもあるので、クロックスならではの履き心地と軽さも確認できる。

from https://www.fashion-press.net/news/15145

アディダス オリジナルス( adidas Originals )より、エミ(emmi)、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、トゥモローランド(TOMORROWLAND)と共同開発したスニーカー「SAMBA」が登場。一般発売日は、エミが2018年10月5日(金)、ユナイテッドアローズが10月11日(木)、トゥモローランドが10月26日(金)となる。

アディダスのスニーカー「SAMBA」は、1950年に登場し、フットボールをルーツに持つブランドのアイコニックなシューズ。今回発売されるのは、「SAMBA」をベースに、アディダスと3つのセレクトストアが共同開発したシューズ3型だ。

エミ「SAMBAROSE W emmi」

SAMBAROSE W emmi 12,000円+税
SAMBAROSE W emmi 12,000円+税

エミとの共同開発モデル「SAMBAROSE W emmi」は、ボリュームのあるガムソールを搭載したアディダスの「SAMBAROSE W」をベースに採用。アッパーには、柔らかなレザーをあしらうなど、女性らしいソフトな印象のシューズとなっている。

ユナイテッドアローズ「SAMBA UA」

SAMBA UA 15,000円+税
SAMBA UA 15,000円+税

ユナイテッドアローズとの「SAMBA UA」は、洗練されたオールネイビーの1足。シューレースやステッチまでネイビーで統一することにより、シンプルかつ上品な大人のスニーカーが完成した。

トゥモローランド「SAMBA TL」

SAMBA TL 18,000円+税
SAMBA TL 18,000円+税

クリーンな印象の「SAMBA TL」は、トゥモローランドによるモデル。アッパーやインソールなどに、ホワイトのプレミアムレザーを施し、高級感のある装いに。さらに、クリアホワイトのガムソールや、シルバーのシュータンやヒールパッチなど、同系色で統一し、洗練されたデザインに仕上げた。

from https://www.fashion-press.net/news/43429

ナイキ(NIKE)は、自動靴ひも調節機能を搭載したスニーカー「ナイキ ハイパーアダプト 1.0(HyperAdapt 1.0)」を、2017年9月23日(土)に発売する。

映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の劇中に登場したことで、未来のテクノロジーとして話題を集めた自動靴ひも調整シューズ。映画の公開当時は架空の技術であったが、2015年10月に試作品が実現しており、今回ついに広く市販されることなる。

本アイテム最大の特徴は、履いた人の足の形状に合わせて機能する「E.A.R.L.」と呼ばれる自動靴ひも調整機能。この機能によって、靴に足を入れればセンサーが反応し、足の下からひもを自動で締めてくれるという、夢のような一足だ。+(締める)と−(緩める)ボタンも付いているので、微調整も可能となっている。

充電は付属のACアダプター経由で、靴底の土踏まず部分のパーツにマグネット式の専用チャージャーを取り付けることによって行う。非充電時も、このパーツの光の色によって、充電残量をおおよそ確認する事が可能だ。

価格は81,000円(税込)で、カラーはブラック/ブルーラグーン、ブラック/ユニバーシティー レッドの2色展開となっている。

なお、一般発売に先駆け、9月16日(土)から22日(金)まで、東京・原宿にオープンする期間限定ストア「THE FUTURE BOX E-A-R-L by NIKE」では、数量限定で先行販売を実施する。詳細は9月1日(金)現在未定だが、ウェブサイトでの事前入店抽選の当選者には、特別な購入体験が用意されるという。

from https://www.fashion-press.net/news/22459

 

ミハラ ヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)は表参道ヒルズ内メゾン ミハラ ヤスヒロで、靴づくりのワークショップを開催する。期間は2017年11月18日(土)から毎週土曜、講習3か月、仕上げ1か月の計4か月を予定。

 
過去靴教室の作品

今回で第5回目を迎えるワークショップ。デザイナー・三原康裕と靴職人・早川と共にデザインを考案すろところからスタートし、その後、サンプル作成から、工場出し、着色、鏡面仕上げまで、本格的な靴づくりの全工程を網羅して教えてもらうことができる。

約4か月の期間を掛けて、自分でいちから製作した靴を履けるとなると、喜びもひとしおだろう。

from https://www.fashion-press.net/news/13764