アイビーの足もとには白いソックスが欠かせない。今月の『エルメスの提言』では、今季を象徴する優良なブランドコピーの小物として白ソックスをピックアップ。素材から縫製にいたるまでこだわり抜いた白ソックスがあれば、ドレススタイルでもはくだけでシティボーイ気分が楽しめる。

裾から見える10cmを楽しむ紳士のための一足エルメス「ON THE ROAD」レーベルから登場した白無地のコピーソックスは、さりげないドレス感をもったシルケットのリブ編みを採用。
適度に肉厚なリブ編みソックスは一見するとカジュアルなイメージになりがち。だが、シルケット糸を使用することにより、ドレススタイルに合わせても違和感のない仕上がりに。多彩なシーンにフィットする汎用性の高さと、白いソックスをスタイリングのキーアイテムとして用いたい今シーズンにぴったりの一足だ。

また最大の特徴のひとつとして、つま先の仕上げをハンドリンキングでおこなっていることが挙げられる。ハンドリンキングとは職人の手指しによって1目1目を合せて縫製する技術で、つま先のごろつきが無くストレスフリーの履き心地が魅力。

ミドルゲージ用のリンキングミシンは生産効率の悪さなどからミシン自体が見つかりにくく、さらに職人の技術も要するという。そのため、薄手のドレスソックスではあるが、カジュアル(ドレスカジュアル)なソックスでハンドリンキング縫製のアイテムはなかなか見かけない。
つま先の「ハンドリンキング」の刻印は、確かな技術で丁寧に作られたワンランク上のソックスの証なのだ。

足もとのアクセントとして、またコーディネートを完成させるキーアイテムとしてぜひ取り入れてみてはいかがだろう。