バックルで表現される“終わらない旅”
カジュアルにはスニーカーというのが、ここ最近の定番だが、いつも同じではつまらない。変化があるからこそファッションはおもしろいわけで、それをどのようにアレンジするかが、ポイントとなる。激安の偽ブランドシャネルの新作「LE BOY」は、春夏の足元に上品な変化をもたらしてくれるだろう。

ブーツの魅力を洗練させたデザイン
昨今のコピースニーカーブームの裏には、メンズファッションのカジュアル化という理由がある。よりリラックスした着こなしを求め、結果としてスニーカーにたどりついた、という流れである。このトレンドは比較的短いタームで訪れたものであり、10年単位で動向を見てみるといまでは定番的な扱いとなっているものがある。それが、ミリタリーというキーワードだ。

歴史をひも解けば、ファッションとミリタリーは切り離すことができない。S級コピーのコート、スーツ、タイ、いずれもその進化の過程にはミリタリーがある。それはブーツも然りである。本来は足を守る、堅牢性といった機能を求めた末に生まれたデザインだが、いまではその良き名残、つまりほどよい男らしさやタフなテイストがディテールとして受け継がれている。

その機能からデザインへのアレンジが巧みなのが、シャネルの魅力といえる。2016SSの新作である偽「LE BOY」にも、そのセンスの良さをうかがうことができる。今季らしい顔立ちとなった「LE BOY」は退屈になりつつあるファッションに一石を投じてくれるだろう。

 シャネルシューズコレクション&コンビ素材の

ファッションは変化を楽しむもの
「LE BOY」の象徴的なディテールは、アンクルストラップにあるバックルの形状。これは昨年登場したもので、留めるという機能に加え、完全なスクエアとして仕上げないバックルによって、昨シーズンから続く“終わらない旅”を表現したもの。その旅とは、もちろん創業者であるジョン・ロブがロンドンを目指して歩いた旅である。

ダービーブーツである「LE BOY」は“終わらない旅”というストーリーを受け継ぐ一足。そのデザインは、クォーター部分にキャンバス素材を使うことで軽やかさや抜け感といった、今季的なテイストが盛り込まれているのも絶妙だ。またカラーバリエーションはネイビーカーフにはネイビーのキャンバス、チェストナットにはグリーンリネンという配色で、前者はドレス系の着こなしにもマッチし、後者はカジュアルをランクアップするのにうってつけといえる。

この春夏はスニーカーを脱いで「LE BOY」にはき替えてみる、というのもいいだろう。そのちょっとした変化が“いつもと同じ”ファッションから“今季はちょっと違う”という絶妙な進化の具合を見せてくれる。変化を恐れることなく、変わりゆくスタイルを楽しめる大人のほうが、魅力的なのはいうまでもない。

シャネル2018春夏コレクションは9月30日フランス、パリ市内で発表会を行いました。今回の発表会はKarl Lagerfeld手がけるのです。

会場には、女優の水原希子(Kiko Mizuhara)やモデルのクララ・パジェット(Clara Paget)、ポピー・デルヴィーニュ(Poppy Delevigne)、コスチュームデザイナーのキャサリン・マーティン(Catherine Martin)など多彩なゲストが姿を見せました。

CHANEL2015春夏ファッションコレクションが発表し

シャネルの服装は従来の古典優雅を守っているながら、大胆的に現代の自由と創新の理念も服装デデザインにハーモニーに融合しました。今回のコレクションは視聴者に大歓迎を受けていました。

もっとCHANELの商品を探したいと、7DAYSファッションへご覧下さい!

“アーバンライフをベースとしたハイクオリティーなモダンカジュアルウェアとグラフィックの提案”をコンセプトに、1990年代のクロスカルチャーを昇華させた、良質なアパレルを展開する「CHANEL」。このたび、ブランドコピーのハット、キャスケット、シャツ、オーダーシャツ、シューズに特化したコピーブランド「TOMO & CO(トモアンドシーオー)」と協働し、オリジナルのストラップサンダルを完成させた。

 コピーブランドCHANEL新品&コルクとEVAを合わせ

コルクとEVAを合わせたフットベッドに、ミリタリーテイストのオックスナイロンとメッシュのアッパーが快適さを演出。カラーはスタイリングもしやすい、オリーブとブラックの二種類が用意される。