これまでにも多くのエポックメイキングな名作コラボレーション・スニーカーをリリースしてきたSUPREME×NIKE。昨年の秋冬に発売されたシュプリーム コピーSUPREME NIKE SB ’94は、NIKE不朽の名作のひとつであるオリジナルJordan 1から得たインスピレーションを基に制作され、即完売の大ヒットアイテムとなった。

 SUPREME×NIKEの最新コラボスニーカーをリリース

そして今回新たに発表されたのは、そのシュプリーム 偽物SUPREME NIKE SB ’94のニュー・モデル。アッパーにヌパック素材、ソールにガムソール、そしてヒール部分にはNikeの靴独特の特別素材foampositeを採用しており、独特の風合いと高い機能性を実現している。

有り型を使用せずにデザインを一からSUPREMEが手がけ、NIKEが制作開発をした全く新しいmid-topスニーカー、supreme コピーSUPREME NIKE SB ’94。NIKE史上初の試みであり、およそ2年の歳月をかけて制作されたスペシャル・シュプリーム 靴 コピーの最新アップデート版を是非お見逃し無く。

〈シュプリーム コピー(SUPREME)〉が2016年冬の新作コラボシューズが到着しました。

「King Push EQT」は、アディダスのEQTシリーズをプシャ・T流にシックに落とし込んだモデル。このコラボ最大の特徴であるウロコ状にあしらわれたアッパーの一部が、かなり目を引きます。シンプルなグレーで統一された色味ですが、こだわりのアイコニックなウロコが奥行きを醸し出していますよね。

 発表して以来目を引いているシュプリーム通販コラボ

またデザインもさることながら、シュプリーム 偽物が誇る最高峰のパフォーマンステクノロジーの、BOOST™とプライムニットを搭載。履きやすさにも妥協はありません。

こちらは、シュプリーム コピー 激安のオンラインショップをはじめ、12月7日(水)より発売開始。ちょうど今シュプリーム 靴 コピーをお探しという方、こちらをぜひいかがでしょうか。

シュプリーム2018年春夏メンズコレクションで発表された新作スーパーコピーのスニーカーが、7月より通販される。ローカット&レースアップフォルムに今季のコレクションテーマを反映させた7アイテムがラインナップ。遊び心溢れる空想的世界観とオーセンティックな対比で魅せるデザインは最新のポップ感と解放されたファンタジーをテーマにした今季のコピーコレクションを反映。ブランドが誇るナパレレザーを使用したスニーカーは、プライマリーレッド×ブラック、ブラック×ネイビーのバイカラーデザインで登場。同じくナパレレザーを使用した5カラースニーカーも展開する。


プリントアイテムはロケットなど宇宙旅行にインスパイアされたモチーフを採用。そのほか、足もとに抜群のインパクトを添えてくれるミラーコーティングシューズなども取り揃え、若く冒険的な感覚を表現した。シュプリーム2018年春夏コレクションのインスピレーション源は、日本への旅。

デザイナーのジョナサン・アンダーソンは、来日した際に出会ったすべてのビジュアルや風景にインスパイアされ、アニメキャラクターの仮想世界を遊び心溢れる現代モードへと置き換えることを試みたという。コレクションはニットウェアやアウター、パジャマにインスパイアされたスポーツウェアなどで構成。そこに惑星や銀河系柄、ロケットなどのグラフィックを大胆にほどこしたアイテムが目を惹く。

紙のように薄く柔らかいレザージャケットやパンツをはじめ、定番アイテムはさまざまなテクスチャーや素材によってあらたしい表情に。また新アイコン「パズルバッグ」は、2018年春夏ブランドコピーのコレクションの全要素が凝縮した最新バージョンで登場した。

昨シーズンあたりから、ドレスシューズに変化の波が訪れつつある。スニーカーソールを組み合わせたものやアッパーに異素材を使うなど、様々なデザインが登場してきている。それが意味するのは、ドレスアップのためのブランドコピーの靴でありながら、さらなる可能性を秘めた靴になりつつあるということ。そのなかで個性を上品に主張するなら「Authentic」をおすすめしたい。

自由になるほど、ファッションは難しい

 SUPREME2016春夏新作&ドレスとカジュアルの境界を

いまドレスシューズといっても、そのバリエーションは実に幅広い。トレンドに合わせ、スポーティなスニーカーソールをミックスしたものやレザーではなくファブリックをアッパーに使ったものなど、個性的なデザインがさまざまなブランドから展開されている。こうしたS級コピーの靴が人気を集めるのは、ルールにとらわれることなくファッションを楽しみたい、という男の願望でもある。

身体に合ったスーツにタイドアップ、足元はプレーントゥかストレートチップ。ビジネスシーンにおいては、これもひとつの正解だが、いまどきなお洒落に関していえば正統な装いだけが答えではない。スーツはお洒落着であり、インナーにカットソーを合わせることもあるし、そうなると足元は正統なルールが当てはまらなくなる。

このように自由を与えられた途端、メンズファッションは難しいものとなる。ルールがあるからこそドレスアップは簡単で、ルールがないからこそカジュアルは難解なのである。しかし、その両方にふさわしい靴がジョンロブから登場した。それが「Authentic」である。

ネイビーの靴が着こなしの自由度を高める

ファッションの難しさというのは、多くの場合、バランスにある。簡単にいえばジャケットとインナー、服と靴というように各アイテムがもつ雰囲気をいかに組み合わせるかが重要だ。その加減が繊細になるほど、一般的にはお洒落が上手ということになる。ジョンロブの新作である「Authentic」は、そのドレスとカジュアルの境界を、デザインの力によってクリアした魅力的な靴となっている。

4アイレットのダービーシューズというベーシックなデザインを、クォーター部分にキャンバスを使い、従来のドレスシューズにはないカジュアル感をミックス。このディテールは今シーズンの新作ブーツ「ENDEL(エンデル)」と同じ「キャンバス・ストーリー」に位置するもので、ビスポークのアーカイブがデザインソースとなっている。

そして「Authentic」の魅力を一段と高めているのが、ネイビーの発色である。キャンバスはカーフと同様に深く、繊細かつ耽美な色合いになっており、これは何度も試行錯誤を繰り返したのちに生まれたという。清潔感、誠実さ、美しさという魅力を兼ね備えたネイビーの偽靴がもたらすのは、より自由で洒脱な着こなしといえるだろう。