ビジネススタイルはドレスウェアとしての品格と高級感、そしてワークウェアとしての機能と実用性を兼ねそなえていなければならない。この秋冬リーガルがリリースするドレスシューズは、いま日本のビジネスマンに求められる美と用を完璧なバランスであわせもっている。

ときにファッションは振り子のように、正反対の方向へトレンドが移り変わるが、ビジネススタイルにも同様のことが起こる。ここ数年はジャケットスタイルに注目が集まるなどカジュアル傾向が強かったが、昨今スーツがあらためて見直されており、ドレス傾向が強まっているのだ。いまはそうしたトレンドの転換期ともいえるが、正統派スーツに見合うドレッシーな靴がこれまで以上に求められているのは間違いないだろう。リーガルが今季提案する紳士靴の新シリーズには、そんな現在のビジネススタイルにベストマッチする絶妙な靴が揃っている。

日本を代表するシューメーカーとして、日本のビジネスマンの足元を長年見つめ続けてきたリーガル。そのリアルな視線から導き出される靴作りは、2018年秋冬の新作にも見て取れる。なかでも目を引くハイライトの強い光沢を湛えたレザーは昨今のドレス傾向にマッチするが、これは繊細な表情と厚みを併せもつキップレザーと呼ばれる皮革素材。ドレッシーな高級感がありながらも、抜群の耐久性とメンテナンスの容易さをそなえるのが特長だ。つまりそこには、トレンドであるドレッシーさと仕事靴に不可欠な実用性という、いまビジネスマンがリアルに求めるふたつの要素が両立しているのだ。

 

FROM:http://openers.jp/article/1504893

「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」が、次世代の女性のためだけに創り出されたニューシルエット「ARKYN(アーキン)」がリリースされた。「ARKYN」は、「既存のルールや決まりに縛られず、クリエイティビティと共に生きる、反骨心を持った女性のために」というコンセプトのもと、アディダスの象徴的なヴィンテージ・スタイルをルーツにしながらも、伝統と革新を兼ね備えた完全に新しいテクニカルシルエットを目指している。

 

クリーンなテクニカルメッシュアッパーを採用し、特徴的なスリーストライプスとメッシュのシュータンがあしらわれた同モデル。ソックスのような構造が快適性とフィット感をもたらし、ネオプレン素材のヒールパーツと、型破りでミニマルなレーシングシステムなど印象的なデザイン要素がシューズの美しさを際立たせている。アディダスにおける最高のテクノロジーの一つでもある「BOOST」を用いたミッドソールに、ラバーのアウトソールで仕上げた。

 

スタイル、スポーツ、カルチャー、そしてクリエイティビティ。アディダス オリジナルスを形作るあらゆる要素を一つに盛り込んだ大胆不敵なコンビネーション。ブルーとヌードカラーを基調としたユニークなカラーパレットを採用した合計4モデルが、4月5日より世界一斉発売となる。また、ビジュアルには、アナ・クラシュ(Ana Kras)、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)、マリサ・コンペテロ(Marisa Competelloマリサ・コンペテロ)、シヴ・デ・ブレア(Syv De Blare)、フロレンシア・ガラルザ(Florencia Galarza)など、世界で活躍する女性クリエイターをビジュアルに起用。さまざまな形で発揮される自由なクリエイティビティを「ARKYN」と共に表現している。

 

FROM:http://openers.jp/article/1610628