ツル バイ マリコ オイカワ(Tsuru by Mariko Oikawa)の2016年春コレクションを紹介。2016年2月上旬より発売される。

“それは優雅で余裕ある女性へとあなたを演出する靴 ”、ツル バイ マリコ オイカワの提案するシューズは、華奢なピンヒールのデザインで、大ぶりでも上品なモチーフ、優しく乙女心をスッと表現してくれる色で飾られている。ノンエイジな人達にむける、非現実的な夢に溢れた1足は、女性たちのファッションへの姿勢を正してくれるよう。

 
左) Scara 33,000円+税 右) Dafne 29,000円+税

今季のテーマは「traveling in white dress」。誰にも惑わされない凛と咲く花々のカラーは、私たちに幸せを与えてくれる。そんな花のように幸せを足元へ運びたい…という想いを込めたコレクションだ。

可憐に咲き誇る花たちに魅了してしまうほどロマンチックなサンダル「Sacra」には、淡く優しい色のフラワーモチーフがかかととつま先に添えられた。柔らかな表情のスエード地は、女性の優しさを引き立てる。また、同じ素材でフラットサンダル「Dafne」の提案も。アッパーストラップの部分に添えられた色とりどりの花々は、足元を甘くエレガントに演出する。

 
左) Witch 27,000円+税 右) Anis 19,000円+税

また、夏に先駆けて爽やかなデザインのサンダルもラインナップ。「Witch」は、踵にクリアーな蝶々たちが群がるロマンチックでプレイフルな1足。ベージュやピンク、ブルーで薄く彩られたクリアな素材を用いて、夏が待ちきれなくなるような軽やかな足元を完成させる。こちらは、同じ素材のヘッドアクセサリーなども展開。花に魅せられ舞う蝶たちが、清々しい風を運んでくれる。

from https://www.fashion-press.net/news/21189