ナイキ(NIKE)は、自動靴ひも調節機能を搭載したスニーカー「ナイキ ハイパーアダプト 1.0(HyperAdapt 1.0)」を、2017年9月23日(土)に発売する。

映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の劇中に登場したことで、未来のテクノロジーとして話題を集めた自動靴ひも調整シューズ。映画の公開当時は架空の技術であったが、2015年10月に試作品が実現しており、今回ついに広く市販されることなる。

本アイテム最大の特徴は、履いた人の足の形状に合わせて機能する「E.A.R.L.」と呼ばれる自動靴ひも調整機能。この機能によって、靴に足を入れればセンサーが反応し、足の下からひもを自動で締めてくれるという、夢のような一足だ。+(締める)と−(緩める)ボタンも付いているので、微調整も可能となっている。

充電は付属のACアダプター経由で、靴底の土踏まず部分のパーツにマグネット式の専用チャージャーを取り付けることによって行う。非充電時も、このパーツの光の色によって、充電残量をおおよそ確認する事が可能だ。

価格は81,000円(税込)で、カラーはブラック/ブルーラグーン、ブラック/ユニバーシティー レッドの2色展開となっている。

なお、一般発売に先駆け、9月16日(土)から22日(金)まで、東京・原宿にオープンする期間限定ストア「THE FUTURE BOX E-A-R-L by NIKE」では、数量限定で先行販売を実施する。詳細は9月1日(金)現在未定だが、ウェブサイトでの事前入店抽選の当選者には、特別な購入体験が用意されるという。

from https://www.fashion-press.net/news/22459

ナイキ コピーは6月2日、バルマン(BALMAIN)を手掛けるオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)とコラボレーションした「ナイキラボ × オリヴィエ・ルスタン フットボール ヌーボー コレクション」を発売する。

“Summer of Sport(=スポーツの夏)”の第2弾となる本取り組み。「ファッションの世界では、キャットウォークや華やかさが中心ですが、ナイキ 偽物とのコラボレーションでは、機能性とアスリートが中心になります」とオリヴィエがコメントするように、フットボールのアイコン的スタイルを用いて、ピッチ外でプレイヤーが求める機能的なニーズを満たした、メンズとウィメンズのスタイルを提案している。

クラシックなサッカーウェア「N98 ジャケット」をモダンなオフピッチスタイルに一新させた「N98 ジャケット × OR」は、王者を象徴するゴールドをアクセントにあしらった贅沢な仕上がり。またフットボールシューズ4モデルをインスピレーションとしたナイキ スニーカー コピーには、靴下のような履き心地を叶えるフライニット アッパーを組み合わせ、全く新しい表情を演出する「マジスタ」や「マーキュリアル」などがラインナップした。