ラグジュアリーシューズ・アクセサリーブランドバリー コピーは3月31日、東京・銀座に新たなフラッグシップストア「バリー銀座店」をオープンする。

話題の新商業施設「東急プラザ銀座」の1階2階に位置する同店は、広さ約800㎡と世界最大の面積を誇り、アジアで最も重要なフラッグシップの役割を果たす。設計はロンドンのニューボンドストリート店と同じく、デイヴィッド・チッパーフィールド・アーキテクツ(DCA)が手がけた。

1階にはメンズ、ウィメンズのバリー 靴 コピー、バッグ、ウェアがフルラインで揃うほか、シューズのメイド・トゥ・オーダーやシューシャインサービス[靴磨き]を常設。2階はVIPルームを予定している。

バリー 偽物の哲学である“時代を超越したモダニティ”が具現化された同店は、アジアの新たな発信地として今後注目したい。

スイス発ラグジュアリーシューズ・アクセサリーブランドのバリー コピー は、2016年春夏ウィメンズコレクションのポップアップストアを東京・福岡の2都市でオープンする。

伊勢丹新宿店(1月20日~)、岩田屋本店(2月24日~)からなる両ポップアップは、ミラノの伝統あるエキゾチックレザー工房「アトリエ ザリアーニ」のムードに、注目若手アーティストであるプシェメク・ソブツキ(Przemek Sobocki)氏のアートを融合。アートディレクションの分野で数々のブランドやモード誌にて活躍する彼のイラストレーションやセットデザインなどを堪能することができる。バリー 偽物のクチュール感に現代的なセンスが交じり合う、魅力的な空間を演出してくれた。

会場では、シンプルでモダンなデザインのアイコンバッグ「ソメ(SOMMET)」の新作や、春夏らしいカラーリングのバリー 靴 コピーなど、2016年春夏ウィメンズコレクションが一堂にラインナップ。この機会にぜひ足を運んでみて。

スイス発ラグジュアリーブランドのバリー コピーは、ブランドのアーカイブにインスパイアされた限定版シューズコレクションを11月初旬よりバリー銀座店にて日本限定発売する。

このバリー 偽物の限定コレクションは、1934年から1936年に考案されたアーカイブのシューズをベースにしたデザイン。ルイ15世式のヒールをあしらった“オルセーパンプス”で、レッド、ブルーのシルクにゴールドのレザーをアクセントで使用したモデルと、シルバーとゴールドのレザーを使用したモデルが展開予定だ。

バリー 靴 コピーは、銀座店で4月に開催されたエキシビション「Bally Untold – Part 1: 1851-1951」にて展示されたもの。同展示では、年代別に「COCOON(1851-1900)」「BLOOM(1900-1920)」「FREEDOM(1920-1930)」「DECADENCE(1930-1940)」「DEFIANCE(1940-1951)」の5つのスペースを設け、アーカイブコレクションからセレクトした100足を公開。アーカイブのシューズを初めてスイス国外に持ち出して行われたこのエキシビションは、靴づくりにおいて豊かな伝統と歴史を有する「バリー」の100年にわたる歴史を物語るものとなった。

バリー スーパーコピーは、2014年よりCEOのフレデリック・ドゥ・ナープ(Frederic de Narp)、デザイン・ディレクターのパブロ・コッポラ(Pablo Coppola)が就任。銀座店では、メンズ、ウィメンズのシューズ、アクセサリーやレディ・トゥ・ウェアのコレクションを展開。ジェントルマンズコーナーでは、「バリー」のクラフツマンシップを体感できるメイド・トゥ・オーダー、メイド・トゥ・カラー、靴磨き、修理といったシューケアサービスを提供している。

1851年創業からエフォートレスシックなスタイルを提案してきたバリー 偽物 。現在もモダンでタイムレスなデザインを求め、進化し続けている。ぜひお店に足を運んでみて。

FROM:http://www.afpbb.com/articles/modepress/3103512