ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)から、リック・オウエンス(Rick Owens)別注サンダルが登場。2018年6月6日(水)より伊勢丹新宿店、伊勢丹新宿店メンズ館、エストネーション六本木ヒルズ店で開催される期間限定ストアにて発売される。その他、一部リック・オウエンス店舗でも販売される。

 
左から)ビルケンシュトック×リック・オウエンス アリゾナ 46,000円+税、 ボストン 57,000円+税

展開されるのはベルト1本の「マドリッド」、2本のベルトが付いた「アリゾナ」、クロッグタイプの「ボストン」の3モデル。ビルケンシュトックを代表するこれらのサンダルに、フルグレインレザー、スエード、アーミーフェルト、毛足の長いロングヘアーカウなど上質素材を取り入れ、リック・オウエンスが得意とするくすんだ色調やミニマルな表情に仕上げた。中敷きはいずれもフルレザーで、足の凹凸に合わせた立体的なフットベッドライニング仕様となっている。

AdChoices
广告
inRead invented by Teads

 

ビルケンシュトックのリック・オウエンス別注アイテムは、その他にも3タイプのソックスが用意されている。

from https://www.fashion-press.net/news/39136

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)とリック・オウエンス(Rick Owens)のコラボレーションシューズ第2弾が、2019年春夏コレクションで登場。2019年1月よりRick Owens 青山店、一部のセレクトショップ、ビルケンシュトックの公式オンラインショップにて販売予定だ。

 

「ビルケンシュトック・ボックス」にてローンチを行った第1弾のコラボレーションに続き、2回目のコレクションとなる今回。2019年の春夏メンズコレクションおよび、2019年春夏ウィメンズコレクションにて新作が発表された。なお、ウィメンズにおいては全41体すべてに同シューズが採用されており、ビルケンシュトックがウィメンズのアイテムをパリのファッションウィーク期間中に発表したのは今回初のことだ。

ベースには、「Rotterdam」のベルクロサンダルと「Rotterhiker」のブーツを採用。「Rotterhiker」は、ブラックのオイルドヌバックレザーを配したベロア素材のアッパーと、半透明のラバーソール「BIRKENSTOCK フットベッド」で構築。簡単に着脱できるようバックルが付いたアッパーストラップをあしらった。

一方で、「Rotterdam」には、同じくメタルバックル付きのアッパーストラップをあしらい、色を変えたロゴストラップも配置。ソールはEVA素材のソールを採用することで、通常モデルのコルクソールとは異なりインダストリアルなムードを醸し出した。

from https://www.fashion-press.net/news/40925